調剤薬局薬剤師の転職に必要な資格・スキル

研修認定薬剤師制度

トップ > 調剤薬局へ転職したい方へ > 転職に必要な資格・スキル

調剤薬局薬剤師の転職に必要な資格・スキル

病院やドラッグストアに勤務している薬剤師が、調剤薬局に転職しようとする際
に一つ不安を覚えるのが、どのような資格・スキルが必要なのかという点です。
調剤薬局薬剤師に求められるのは、一言で言うと
「薬剤師」としての経験・スキルです。

調剤薬局に要求される能力

調剤薬局の業務内容は、調剤・服薬指導・記録管理・医薬品販売です。
この業務は、薬剤師として最低限できなければならない業務ともいえるでしょう。
「薬剤師」としての知識をしっかり持っていれば、できるであろう業務です。

そのため調剤薬局勤務の薬剤師に特別に要求されるスキル・資格というものは実は存在しません。


もっとも病院勤務の薬剤師でしたら、これらに加えて医師との連携や患者さんとのコミュニケーションなどが要求されます。
ドラッグストアでしたら、調剤や行いませんし陳列などの雑務も行います。
「薬剤師」本来の業務ではないものが、相当数含まれているのです。そのため、「薬剤師」としての知識が少し抜け落ちている可能性もあります。

たとえば、ドラッグストア薬剤師を調剤薬局で雇おうとする場合、採用者側としては、新薬や調剤についての知識・スキルがあるのかどうかを確認したいですよね。
逆に言うならば、「薬剤師」としての知識・スキルを維持・向上させるために努力してきたという証があれば、かなり有利に転職が可能となります。

知識・スキルを証明する手段としての研修認定薬剤師制度

免許更新制度がない薬剤師の業界では、
研修認定薬剤師制度が更新の代替として役立っています。

ドラッグストア勤務の方などでも、これを取得しておくことで「薬剤師」としてのスキルを容易に証明できるでしょう。

現在の職場でのスキルを武器にする

病院・ドラッグストア・調剤薬局では、それぞれ業務内容が異なっています。
これを面接などの際に活かすのも、転職を有利にする一つの方法です。

病院勤務でしたら、患者さんへの継続的な投薬などの体験が、薬局での服薬指導に活かせるはずです。
ドラッグストア勤務でしたら、一般医薬品の販売やお客さんへの説明、商品管理や記録管理などの雑務が役に立ちますよね。


このように、今までの経験が調剤薬局でどのように活かせるのか、
という観点から、書類・面接に臨むと高い評価を得ることができます。

面接・面談に際しては、不安を感じることも多いはずです。
誰か面談に付き添ってほしい、と思うこともあるのではないでしょうか。
通常は、採用側・応募者の二者で面談を行います。

しかし、転職支援サービスを利用することで面談にコンサルタントが付き添ってくれます。
書類の書き方や、面接の対応方法などのアドバイスもしてくれます。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧