ドラッグストア薬剤師の転職事情

ドラッグストア薬剤師

トップ >  違うドラッグストアへ 転職を希望する方 > ドラッグストア薬剤師の転職事情

ドラッグストア薬剤師の求人状況と将来性

現在ドラッグストアに勤務しており、違うドラッグストアに勤務したい、
と考えている薬剤師の方!
・ドラッグストア間での転職事情がどのようになっているのか
・そもそもドラッグストア業界がどのようになっているのか
などなど疑問・不安に感じていることは多いと思います。

このページでは、そのような不安を解消するための情報を紹介していきます。

ドラッグストア業界の事情

2007年現在、ドラッグストアは全国に12000店存在しています。
その数は、現在も増加の一途をたどっています。
今までは都市部に多いと言われていましたが、近年ではスーパーも兼ねるような大型ドラッグストアが、郊外や地方にも数多く出店し始めました。職場は増え続けているわけです。


ドラッグストアは、今までは調剤を行わないのが一般でした。
(そもそも調剤を行う店舗には「薬局」の名称を付ける必要があります。)
ところが近年、 調剤薬局を併設するドラッグストアが急増しています。
これは医薬分離が進んだことに起因します。調剤には薬剤師が必要となります。
そのため1店舗に置く薬剤師の数が増えている店舗も多くなっているわけです。


また販売登録者制度が始まり、第1種医薬品以外の医薬品は、店舗に販売登録者がいれば販売できることになりました。このため店舗によっては薬剤師の数を減らしています。

このように、ドラッグストア業界は激動期にあるといえるでしょう。

ドラッグストア間での転職事情


このような激動期にある中、ドラッグストア薬剤師の将来はなんともいい難い状況にあります。しかし全体としてみるとドラッグストア薬剤師の求人市場は、売手市場です。
新規に開店するドラッグストアに応募すれば、ほぼ確実に採用してもらえるでしょう。

そのためドラッグストア間で転職をする場合には、条件・待遇が一番の勝負どころだといえるでしょう。店舗によって、薬剤師に要求する業務内容も大きく異なります。

また規模縮小や倒産によって解雇されてしまっては困りますから、経営主体の、経営状態も見極めなければなりません。求人票に書いてある条件だけなら誰でも見極めることができます。
しかし 実際の勤務内容や経営状況まで判断するのは、素人には至難の業です。

そこで、ドラッグストア間で転職しようという場合には、プロからのアドバイスを受けるのが非常に有効です。転職支援サービスに登録することで、
無料で転職のプロフェッショナルからアドバイスを受けることができます。
数多くの転職を扱っていますから、ドラッグストアの実態まで知り尽くしています。
手続きの代行も行ってくれますから非常にお薦めできます。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧