病院薬剤師の転職を有利にする方法

病院薬剤師の転職

トップ > 違う病院へ転職をしたい方へ > 転職を有利にする方法

病院薬剤師の転職を有利にする方法

現在病院に勤務しているが、他の系列の病院に転職したい!
という薬剤師の方、病院への転職が思ったより厳しくて苦労してはいませんか?
そういう方のために、少しでも転職を有利にするための方法を紹介してきます。

転職に対する想いと病院の理想をすり合わせる

転職するのが困難だと言われる病院…
そこを再び転職先として選ぼうとしているのですから、転職に対する想いが何かしら存在しているはずです。もしもそこがおぼろげなら、まずは自分を見つめなおしてみましょう。

その上で、応募しようとする病院の理念などをしっかり調べます。ホームページなどで検索すれば、病院の理念などが必ず見つかるはずです。それをしっかりと分析しましょう。

以上の二つのことは、それぞれ実行する人は多いでしょう。
しかし双方をしっかりとした形で、説得力があるように構成しなおす作業までしっかりとやっている人は意外と少ないのです。理念に共感した、というだけではありきたりです。
自分はこのような想いで転職を考えており、応募先の理念のこのような部分が自分の想いと合致した、という形でしっかりと構成するわけです。

これをしっかりとやるだけで、他の人と差を付けることができます。

コネを有効に使う

病院の採用事情、特に中途採用の場合には意外とコネがものを言います。
自分の薬剤師仲間や親しくしてきた医師など、頼れる人がいないかどうかを探してみましょう。そして推薦状などを書いてもらえないかどうか、依頼してみましょう。
これが入手できれば、強力な武器となります。

求人案件をいかに早く確実に探し出すか

病院に転職したい場合には、何よりも求人案件を確実に探しだすことが重要です。
病院が中途者向けの求人を出す場合には、急を要する場合も少なくありません。
そのため求人が出される期間も短く、求人案件を探し出すこと自体が困難です。

病院側としては、急な欠員が生じてしまったから求人を出すわけです。そのため確実・迅速に人員を確保したがっています。 その確保のための手段として、 転職サービスなどに非公開求人を出すというのが一般的です。

つまり転職者側からすると、転職サービスを利用していないとそもそも求人案件を見つけ出すことも難しいわけです。病院転職を考えている場合には、何よりも先に転職サービスに登録をして、希望の条件・待遇を伝えておくことが必要です。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧