病院薬剤師の転職に必要な資格やスキル

Rental Server

トップ > 病院薬剤師へ転職したい方へ > 転職に必要な資格やスキル

病院薬剤師の転職に必要な資格やスキル

現在、薬局やドラッグストアなどに勤務している薬剤師の方で、病院への転職を検討している方は、転職にどのような資格・スキルが必要なのか気になると思います。
これを知ることで、面接などの際の参考になりますし、転職に向けて何をすればいいのかの目安にもなるからです。以下で詳しく紹介していきます。

病院勤務の業務内容とスキル
病院薬剤師の仕事内容には、医師・看護師との連携、製剤など他の職場にはないような要素が含まれています。このような病院勤務独自の業務のために必要なスキルを身に付けておくことで、面接の段階で有利となります。

調剤・製剤業務に向けて

病院では、医師の指導に基づいた調剤や、病院で必要とされる薬剤の製剤を
行います。これは、一般の調剤業務の延長です。

そのため調剤薬局勤務の薬剤師の場合には、日常の業務で調剤の知識をしっかり身につけておくことが必要です。これに加えて、注射薬や消毒薬などについても知識を得ておくとPRポイントとなるでしょう。

ドラッグストア勤務の場合には、調剤を行いませんから、書類で切られることもあります。
調剤に関して知識・スキルがあることを証明するために、研修・セミナーに参加をしておくことが有益でしょう。

他職との連携に向けて

病院勤務では、医師・看護師・医療事務などの他の専門職と連携して
業務を行っていく必要があります。

連携がスムーズにいくようにするためには、薬剤師の業務内容だけでなく、他の職業についての知識も簡単におさえておくということが有効です。またコミュニケーション能力も要求されます。

この点については、客観的な証明は難しいので面接でPRしていく必要があります。
コミュニケーション能力をPRできるような面接方法…言葉にすると簡単ですが、具体的にどのように話せばいいのかというと非常に難しいです。
面接で上手に自分をPRするための方法は、転職活動のプロに聞いてみるのが一番です。
転職支援サービスに在籍しているコンサルタントから、アドバイスをもらうというのが一番手軽な方法でしょう。

患者さんと継続的に向き合うために

医薬分離が進んだ現在では、院内に薬剤師を雇っている病院は、入院病棟を抱える中規模以上の病院であることがほとんどです。
そのため、病院薬剤師は入院患者さんと継続的に向き合う必要があります。

薬局勤務の場合には、訪れる患者さんと密に関わるつもりで、相談・指導を行うことが役に立ちます。ドラッグストアの場合には、接客の際に意識する必要があります。

知識・スキルの証明
他の職場から病院に転職する場合、薬剤に関する知識・スキルを確実に持っていることが要求されます。

これを客観的に証明する制度として、研修認定薬剤師という資格があります。
研修に参加し、研鑽を怠らなかったことの証明となります。
転職を考えている方は、事前に取得をしておきましょう。


薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧