病院薬剤師の仕事内容と年収

病院薬剤師の年収

トップ >  病院薬剤師へ転職したい方へ >  仕事内容と年収

病院薬剤師の仕事内容と年収

調剤薬局やドラッグストアなどに勤務している薬剤師の方が、
病院に転職を考える場合…
・病院勤務の薬剤師はどのような仕事をしているのか?
・病院薬剤師の年収は?
等など不安に感じることと思います。
以下、詳しく説明していきます。

病院薬剤師の仕事内容

病院薬剤師は、全薬剤師中15%を占めています。
調剤薬局と同様、女性が多い職場です。

業務内容は…

・医師の指導の下に患者さんに調剤・服薬指導をする
・病院で利用する消毒薬・注射薬などの製剤を行う
・薬品について試験研究を行う
・病院で利用する医薬品の管理を行う
・医師、看護師などと連携して患者さんをサポートする

等などです。


調剤薬局薬剤師と比較すると…

製剤作業、試験研究など調剤業務が少し広いのが特徴です。
この点に関しては、調剤業務の延長ですから特に苦労はしないと思います。

市販薬の販売は不要ですし、医師からの直接の指導があるので、調剤薬局より仕事のやりやすさは感じることができるかもしれません。反面として、患者さんを長期的にサポートしなければいけません。他の専門職との連携が必要なのも、薬局と異なるところです。

また、薬局にはない時間外労働や夜勤なども存在しており、少し大変です。
調剤薬局と比べると、少しストレスを感じてしまうかも知れません。

ですが、患者さんが服薬し良くなって行く様子を、つぶさに見ることができますので、やりがいは大きい職場です。

ドラッグストアと比較すると…

陳列・清掃などの雑務や、市販薬の説明などはありません。

ですが、調剤業務や患者さんへの継続的な指導など、ドラッグストアにはない業務がたくさんあります。この辺りは、最初は苦労するかもしれません。

病院薬剤師の年収
病院薬剤師の初任給は、400万円を超えればかなり良い方だと言われています。
平均年収は、400万円〜500万円程度です。
薬局長クラスでも、600万円程度です。

以上のように、薬局・ドラッグストアと比べると、平均・上限ともに低い職場です。

これは、病院薬剤師の業務内容に付く点数が低いからだと言われています。
もっとも夜勤・時間外労働などがありますので、働き方次第では薬局以上の収入を得ることも不可能ではありません。

夜勤専門の薬剤師を募集している病院も、少数ですがあるので転職サービスなどを利用して案件を探してみるといいかもしれません。転職支援サービスを利用することで…

・夜勤専門薬剤師の求人を見つけ出すことができる
・待遇、条件のいい求人を紹介してくれる
・条件交渉を手伝ってくれる

などの利点があります。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧